ちびっこに野菜を取ってもらう方法のあれこれ

お野菜嫌いなちびっこに悩まされる親御さんは多いですよね。舌触りだったり、味だったりと、ちびっこたちが野菜を敬遠する原因はさまざまです。

細かく野菜を刻んで、好きな食べ物の中に混ぜてしまう方法や野菜さんが食べて欲しいって言っているよ?と気分をのせて食べさす方法などといろいろあります。

美味しいと感じる野菜を食べやすい調理法で料理するのも効果的です。ちびっこって、ちょっと自分の中で「違う」「イヤだ」「苦手」と思うと食べてくれなかったりするんですよね。ホント、ちょっとしたことで食べてくれたり、好きになってくれたりするんです。大好きなお友達が美味しそうに自分の苦手な野菜を食べているところをみて、頑張って食べてみてくれたり、それがきっかけで好きになってくれたりと、どこに食べられるようになる要因が転がっているかわかりません。

食べたら褒めてあげることも大事です。ちびっこはママが喜んでくれるのが大好きなんですから。それだけでも、頑張ってくれちゃいますよ!

やりがちなのは、強制して食べさせてしまうことです。けれど、これはトラウマをうんだり、苦手意識が高まってしまうので、できるなら控えたいところです。応援しながら、褒めて、野菜を大好きに、美味しく食べられるように促してあげられるといいですね。全部食べたらご褒美あげるなどのゲーム性を利用するのも効果的です。

どうしても、野菜を固形の状態で受け付けてくれないちびっこには、野菜ジュースや青汁を飲ませるのもいいですね。果汁が入っていて飲みやすいものもあり、ジュースの代わりで与えるのもいいと思います。青汁も最近ではちびっこにも飲みやすく工夫されているものが多く、原料の特性を壊さない凍結粉砕製法が用いられていたり、ほとんどのものが添加物も入っていないので、安全に十分な野菜栄養をとることができます。

まずは口にしてくれることが大事です。手を替え、品を替え、その子にあった野菜のとり方を見つけることが大切です。