子供が野菜を食べてくれる方法

我が家には幼稚園の娘と3歳の息子がいます。

娘も息子も食わず嫌いの部分があり、緑のものは基本的には口にもいれません。

見た目にピーマンとわかると「おいしくない」となぜか勝手に思い込んでいるところがあります。

私としては野菜を細かく刻んでスープにしたり、ハンバーグに混ぜたりする方法にはあまり賛成ではなくて、

一口でもいいからきちんとピーマンだと認識して食べてもらいたいという気持ちがあります。

なんでもこれはこの野菜なんだと認識しながら食べてほしいなという思いがあって、

そのためにどうしたらよいのかを考えてきました。

我が家の場合はポイントは娘です。娘が食べれば息子は競い合って食べ始めるからです。

まもなく5歳になる娘には、好みの味付けがいくつかあります。

基本的にはしょうゆやみそを中心として和風の味付けのものが大好きなので、

あまり好きではないピーマンもみそで作ったチンジャオロースにしてみました。

大人の大きさでピーマンを切ってしまうと食べづらいので半分のサイズにして作りました。

見た目にもピーマンだとはっきりわかりますが、きちんと味付けの説明もして、

試しに一口挑戦してみようよと声をかけました。

この時のポイントは無理にすべて食べさせようとせずに、一口食べて嫌いだと思ったらもう食べなくていいよという逃げ道を作っておくことです。

そういうと大概一口は絶対に口にいれようとします。

すると意外とおいしいと思えばさらに箸は進むようになります。

それを見ている息子は続いてピーマンを食べるようになりました。

気づけば苦手だったピーマンも普通に食べるようになっています。

離乳食期はすりおろしたニンジンをパンケーキにまぜたり、形にみえないように出していましたが、

幼児の食事としては、これが何かを理解しながら食べるのがポイントだと思うので、

子供の好きな味付けをしてあげて、ひとかけらから挑戦していけばいいと思います。